ふと考えて、息子の気持ちになり考えると気づくこと。

3歳の長男、1歳の次男の子育て真っ只中です。
長男が2歳くらいの頃、公園や児童館で真剣におもちゃで遊んでるとき、他の知らない友達が長男のおもちゃを欲しがり引っ張るという光景がよくありました。当時、私は、「他のお友達に貸してあげなさい。」と言っていましたが、ふと、自分が真剣に作業をしているときに、他人が横入りし「貸してあげなさい。」と言われたら、とても気分が悪く、もう作業をすることが嫌になるなと思いました。
きっと息子も同じ気持ちだっただろうなと思い、それ以来そのようは場面を見たら、その子供に「今遊んでるから、もう少し待ってね。」と言うようにしました。
そうしていると、息子は、きちんと私が自分のことを見て守ってくれていると安心したのか、自分が遊び終わると、ちゃんと自分からおもちゃを貸してあげるようになりました。
息子の気持ちになり対応していると、息子もそれに応えてくれるようになったことが、とても嬉しく成長を感じた出来事でした。
その長男も3歳になり、私も長男も日々学び成長中です。貸し入れ,キャッシング