結婚してから怯えてしまった主人の食の好み

子供を寝かしつけた後、久しぶりにカップ焼きそばが食べたいと思い以前買っていたものを作ってテレビを見ながら食べていた私。
するとそこに仕事を終えて帰ってきた主人。夕飯はきちんと用意していたものの、焼きそばのあの魅力的な匂いにやられたようで「焼きそば食べたいから買ってくる」と夕飯を食べた後にコンビニに行っていました。
念願の焼きそばをワクワクしながら作っている主人を横目で見ながらスマートフォンを構っていると、冷蔵庫を開ける音がしました。お茶でも出すのかなと思っていたのですが、出てきたのはマヨネーズ。確かに焼きそばにマヨネーズっておいしいよなあと思いながらかけるところを見ていると焼きそばが白くなってしまうほどのマヨネーズをかけていたのです。「これは焼きそばではない、マヨネーズだ」とボソッと言うと主人は「焼きそばですけど」と一言。結婚はしたけれど、この人の職の好みにはついていけないと心から思いました。