芥川賞と村田さんについて感じたことです。

芥川賞を受賞した村田くんのコンビニエンスストア人類、すぐ本屋で見つけて読みました。自分自身が丈夫でパートインサイドとの結果親しみがあり視線があったからだ。中位、本をよむときはキャラは架空の顔を頭の中でイメージするじゃないですか。でもこういう正規は村田くんの様子をイメージしてしまうね。およそ、8割がたいよいよ自分が経験したやり方なんでしょうね。だから作中にブレイクタイムに同僚のポーチのインサイドをのぞいたとかありますが、へー、こんなことしたんだって思ってしまうね。そういった意味では半数、ノンフィクションを読んでいるフィーリングですね、今回のこういう正規は。こういう主役も先ず彼の近辺が甚だ入っているのではないでしょうか。浮いたものにならないように人の様子かたち、話し方などを真似して見るという場合なんかは。でも直木賞とかって、ところてん型に受賞とれる感じですよね。数回、過去にノミネートされたら次は自身見たな感じで。そうでなく、ライターを隠して選者の人たちには審査してもらいたいですね。そうでないと不平等ですよ。すっぽん小町 体験談