本田にはウエストハムよりマルセイユのほうがお似合いのように当てはまる

ACミランで本田アスリートの個々バッカアスリートがプレミアリーグ・ウェストハムへの移籍が決まったことがアナウンスされましたが、ウエストハムが欲しかったのは噂されたいた本田ではなく、至極初耳だったコロンビア社長のバッカだったみたいでした。
その見てくれからすると本田はゆっくりどの班からも見放されていくような感じで、とにかく彼氏は先何年かプレイした後自分の班の持ち主に上る腹積もりだろうからプロのアスリートとして精一杯ボルテージはあるのかな?みたいな見られ方をされているのではないかという気がするのでした。
となるとこれまで思い描いていた本田とテベスとの共演は総じて不可能になってしまったような気がします。 ウエストハムはもう本田には興味がなくなったと思わざるを得ずですからバッカを買ったのでしょう。
本当にそろそろ本田まで貰う腹積もりとは思えませんが、申出でを現す見込みは残されてある。しかし案の定その為の源は残されているのでしょうか。
もしかするとテベスに断られたのでおんなじFWのバッカを買った可能性もあるのでMFの本田とバッカはまた友になる見込みはあるかもしれませんが、
それよりも本田はフランスの名門班なのにほとんどの屈強アスリートにそっぽを向かれて耐えるマルセイユへ移籍して国内社長の酒井と友に変わる見込みのほうが100ダブルもいらっしゃるような気がします。