人の考えや行動が、外に出ることで、結果になる。

人の頭で考えたことくらいが、外に出て、結果どうなるかという話です。迷惑なら迷惑行為と出たり、それは物騒で、誰に有益なのか、それは言うまでもないこととしてもう語れないわけです。人に迷惑をかけるという暇に対して、教えて分からせるみたいな有益なことを、その意志のある迷惑行為よりできるのかという話なんですよね。どうせ大したことがないんだから、聞かせて何の意味が誰にあるのかなんて暇を理由に考えるわけですが、結果として出るとして、結局は誰にも意味がないわけですよ。なぜなら迷惑行為とすでに謳ったように、迷惑という邪悪な内容でしかないからなわけです。迷惑行為自体を誰か人間がやる時、それも人、されるのも誰かである人、みたいに人対人の単なる人の世みたいに結果なるわけです。人対人として、迷惑をかけたり被ったり、要するに迷惑行為というれっきとしたもの自体が、存在すらあるわけです。迷惑行為と内容で、ただの良いとこ探しも無意味なんです。